*タイヘイ紙相撲*

⇒紙相撲ダウンロード

⇒土俵のダウンロード
作者タイヘイ (私です)

サイト内検索

リンク

mobile

qrcode
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログ著者

others

桜の季節に、季節外れの菊よ咲け

0
    大相撲初場所、琴奨菊が優勝しました。相撲内容も素晴らしい、価値ある優勝でした。

    平成16年から17年にかけて新入幕した当時の期待の若手力士、白鵬・琴欧洲・稀勢の里・日馬富士・豊ノ島といった、ある意味同期生に近い力士の中で、琴奨菊は一番目立たない存在でした。抜群の素質の白鵬・長身で甘いマスクの琴欧洲・貴乃花並みの年少記録の稀勢の里・軽量でスピードの日馬富士・低身長なのに正攻法の豊ノ島、それぞれに話題性がある中、琴奨菊は「がぶり寄り」という相撲内容のみが話題でした。

    ブログを始めて9年目ですが、稀勢の里や豪栄道に比べて琴奨菊の記事は極端に少なく、私自身も琴奨菊には地味な印象を持っていたのかと思っていました。しかし記事を読み返してみると、ちょっと違うと感じます。稀勢の里と豪栄道に関しては、<ここが気になるなぁ><こんな感じになってほしい>ということで記事を度々書いていました。考えてみると、琴奨菊の相撲は一貫しています。記事で、<ここを、こうしてほしい>などと書く部分が無かったから、書いてなかったわけです。

    8年前に書いた記事を読み返して思い出すのは、琴奨菊が勝利のインタビューで極めて素直な笑顔で「よかったぁ〜」と繰り返していたことで、その人柄を垣間見たという感じでした。何度も書いたのは「ライバルには強いが先輩力士に弱い」というもので、これも琴奨菊の人柄の部分でしょう。そして最初に書いた琴奨菊の記事は、ケガで途中休場して再出場し、勝ち越した精神力と地力に、大関候補の資格を得たと書いたものでした。2008年の、ちょうど今日、1月26日の記事でした。

    大関に昇進した頃から、琴奨菊は上半身の筋肉が厚くなり、体重も増えました。力士の筋肉トレーニングと体重増加には基本的には否定的な私は、多少危惧する思いでした。特に、筋肉が張りすぎると肉離れ的なケガをしやすいことを心配していましたが、その後に胸の筋肉に故障を起こしました。しかし筋トレから体幹を中心にした稽古に切り替えたとテレビ中継で聞いて、期待が膨らみました。かつては投げに弱かった琴奨菊が、今場所は日馬富士・大きな碧山・優勝を決めた一番の豪栄道と、投げに近い突き落としで決めました。これは体幹がしっかりしてこその決まり手で、琴奨菊は本当に努力したと分かります。

    師匠だった琴桜も、度重なるケガを乗り越えての横綱昇進でした。綱取りとなる春場所、「桜」の季節に季節外れの「菊」が満開になる、今年の春です。



     

    天下泰平記、九州場所決算号配信しました

    0
      メールマガジン「天下泰平記」を配信しました。九州場所決算号ですが、内容は日馬富士と稀勢の里についての記事が中心です。他には、北の富士さんと舞の海さんの解説について、私が「天下泰平記」や当ブログで書いてきたことと同様の意見を語られていたことを記しました。これに関しては今後の大相撲の、大きな課題と私も思っています。右上をクリックしたら、メールマガジンです。北の湖理事長に関しては、また次回に書きます。


       

       

      | 1/287PAGES | >>