*タイヘイ紙相撲*

⇒紙相撲ダウンロード

⇒土俵のダウンロード
作者タイヘイ (私です)

*Book*

Kanji Names of Sumo Wrestlers
四股名に使われる漢字を
海外向けに紹介した英訳本
通販 <$9,00>

⇒⇒試読する
著者タイヘイ (これも
私です)
 

mobile

qrcode
人気ブログランキングへ

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

others

大相撲、あの力士この技〜三重ノ海の張り差し

0
    久し振りに昭和の力士を書きます。最近、張り差しの立合いが多く見られ
    ます。しかし、技巧派相撲の横綱だった三重ノ海の張り差しは、一味違う
    ものでした。

    その前に稀勢の里の立合いについて質問がありましたので、お答えします。
    理想的な立合いとして例に上げた、双葉山と貴乃花の立合いを見られると
    分かりますが、2人ともに肩のラインの真下あたりに手を着いています。

    稀勢の里は肩のラインのかなり前に手を着きますが、これは重心が前に
    突っ込んでしまっているということです。それでも、番付が下位の力士に
    対しては腰を割って、肩のラインで手を着くことが多く見られます。

    腰を割るというのは、ロケットの発射台にエネルギーを貯めるのと一緒です。
    スピードで勝負する力士ならば、前の方に手を着くことも有りかもしれません
    が、稀勢の里はそのパワーを相手にぶつけてほしいと思います。

    当時幕内力士の平均体重だった貴乃花が、超巨漢の小錦と同じぐらいに
    立合いの衝撃があったと、多くの力士が語っています。

    ということで三重ノ海です。左を浅く差して、右前ミツから出し投げで
    崩しながら寄る巧さは天下一品でした。自分の型を持っていました。

    しかし当時は北の湖と輪島の黄金時代、181センチ・135キロの三重ノ海
    は巧さはあっても非力で、また同世代の大関の貴ノ花や旭国のような守り
    の粘り腰もありませんでした。

    自分の型に持ち込めなければ勝てない、三重ノ海の張り差しは、そんな
    必死さを感じさせます。何が何でも機先を制するという気迫がこもって
    いました。相手の顔を横に向かせ、左を差す流れは見事でした。

    前さばきの巧さと速攻相撲で、上半身の非力さと守りの弱さをカバーして
    横綱にまで昇進します。引退後は武蔵川部屋を興し、ご存知のように横綱
    大関を育て、ライバルで親友だった貴ノ花の二子山部屋や旭国の大島部屋
    とともに土俵を盛り上げます。

    筋力のある外国人力士の張り差しが、この頃目立ちます。
    「立合いの張り手が効きましたね」といった解説を聞くと、張り差しの
    意味が変わってきているように感じます。

    三重ノ海のような速攻相撲と違って、大型力士の張り差しなら脇は開いて
    いるはずで、そこを狙ってほしいと思います。確かに、張り手が相当効いて
    いるのでしょうが・・・。

    張り差しの立合いは見事でしたが、乱戦の中で無用な張り手で墓穴を掘る
    ことも多かった三重ノ海。しかし、誰もが予想もしなかった横綱への道を開いたのも張り手でした。その物語は、こちら・・・相撲コラム「天下泰平記」で。

    内臓疾患で遠回りした三重ノ海の、奇跡と言ってもいい感動の復活でした。

    元横綱三重ノ海   生年月日  昭和23年  2月4日

    あの力士この技〜クールな内無双、色白美男力士の二子岳も今年定年です

    0
      約2ヶ月ぶりの、あの力士この技の更新です。

      先場所の千秋楽、あの把瑠都が内無双を決めたのには驚きました。
      似合っていないというのもありますが、手が届きすぎてフクラハギの
      あたりを払っていました。

      内無双が得意だった二子岳は、昭和42年初場所に新入幕。
      178センチ、110キロ。業師が多かった当時の土俵でも、技能派
      力士で鳴らしました。

      色白の美男力士だった二子岳は、私が2番目にファンとなった力士
      です。(1番目は先々代の宮城野親方、相撲人形と形容された元小結廣川)

      二子岳の内無双は、子供の目には何が起こったか分からないような
      技でした。決まった後も何事も無かったように、無表情で勝ち名乗り
      を受ける様が、いかにも曲者といった風情がありました。

      やはり内無双はクールに決めていただきたい決まり手です。
      小さい力士が大きい力士を引っ繰り返して、やられた方は呆然とした表情、
      決めた方はケロッとした顔の対照が絵になります。

      最近は朝青龍や琴光喜といった横綱・大関も決める場面がありました。
      もちろん、ちゃんとした決まり手ですから問題ありませんが。

      リーチを生かせる欧州出身力士、手を使うことに慣れているモンゴル出身
      力士にとって自然な決まり手なのかもしれません。似合ってはいませんが。

      昭和40年代はクールという言葉が流行りましたし、またシラケ世代など
      という言葉もありました。少し後に入幕した2代目増位山とともに、その
      代表的存在だった二子岳はクールな格好良さを持っていました。

      当時の時代と若者を象徴するような雰囲気に、ファンになった記憶があり
      ます。新入幕の年、秋場所に前頭4枚目で8勝7敗、九州場所には番付運
      良く小結に昇進したときは子供心に "ラッキー" と思いました。

      小学校に入学した年でした。

      その二子岳、現在の荒磯親方も今年で定年です。


      元小結二子岳  生年月日  昭和18年 11月15日

      あの力士この技〜上手出し投げ、ナンバーワンは初代栃東

      0
        今年引退した大関栃東の父親、元関脇栃東の玉ノ井親方は昭和40
        年代の大相撲の土俵を代表する業師でした。

        177センチ、115キロ。二代目栃東とは身長は3センチほどしか
        違いませんが、体重は40キロ以上も軽く、典型的な技能派力士。

        名人横綱栃錦の春日野親方のもと、昭和42年春場所、前年の九州
        場所に引退した小兵横綱栃ノ海と入れ替わるように入幕。栃ノ海と
        栃東は身長・体重がほぼ同じでした。

        しかし、いくらアンコ型力士が少ない時代とはいえ、110キロ台
        で大関以上になるのは極めて珍しいことでした。

        当時は北の富士・玉乃島(後の玉の海)・琴桜が大関に昇進した
        ばかり。彼らのライバル、清国・麒麟児(後の大麒麟)・長谷川に
        若手の前の山が大関レースに火花を散らしていました。

        栃東といえば、殊勲・技能のダブル受賞4回という記録が有名です。
        この4回は、昭和43年夏場所からの11場所で記録されています。
        栃東は一気に大関候補に名乗りを上げます。

        前さばきが実に巧く、左四つに組んでの右前ミツの取り方とアゴを
        引く型も素晴らしく、そこから繰り出される上手出し投げの切れ味
        は、その後並ぶ者無しと言ってもいいでしょう。

        栃東の出し投げは、出して崩してから攻めるのではなく、決める技
        です。相手は不格好に足をバタつかせながら、転がりました。この
        頃の栃東の技の冴えは、小兵横綱栃ノ海を超えるのではないかとさえ
        思わせるものでした。

        大関を期待され、その足掛かりをつかみかけた瞬間、病魔に襲われ
        ます。昭和45年春場所、関脇だった栃東は千秋楽に惜しくも負け
        越し、翌場所は全休。以後体調が戻るまでに時間が掛かり過ぎ、
        やがてヒザも痛め、全盛期の勢いは取り戻せませんでした。

        この昭和45年春場所は、大鵬・北の富士・玉の海の3横綱の総成績
        が実に40勝5敗、横綱リーグ以外で落とした星が3人でたった2個。
        ここから1年続いた、濃密な北・玉・大の並立時代に栃東は下位に
        低迷します。

        4回のダブル受賞時、大鵬・北の富士・玉の海の誰かに勝っていた
        栃東が、この時期に上位にいなかったのは残念でした。

        絶好調時の病気といえば、「天下泰平記」に書いた三重ノ海とも共通
        しますが、克服し横綱まで昇進した三重ノ海とは異なり、栃東には
        本当の意味での復活はありませんでした。

        それでも乱戦の昭和47年初場所、11勝4敗で優勝します。千秋楽
        に大関清国を破り、大関琴桜・関脇長谷川に1差をつけるという、
        若手時代の大関レースのかつてのライバル達を抑えての優勝でした。

        上手出し投げだけでなく速攻も素晴らしく、5場所連続休場で進退が
        かかった大鵬を一方的に寄り切った、昭和43年秋場所初日の相撲は、
        ついに大横綱大鵬もこれまでかと思わせるほどの鮮烈な寄り身でした。

        大鵬の45連勝がスタートするのは、その翌日からです。


        関脇 栃東知頼    生年月日 昭和19年9月3日

        << | 3/9PAGES | >>